女性が活躍できる資格NO.1!注目のファイナンシャルプランナー

みなさん、こんにちは。
私は、都内の生命保険会社に勤務する30代のママさんファイナンシャルプランナー(FP)です。
このサイトでは、これからファイナンシャルプランナー(FP)を目指すみなさんに人気の講座や講座選びのポイント、人気NO.1の通信講座について紹介していきます。

ところで、みなさんはファイナンシャルプランナー(FP)がどのような仕事をするのか知っていますか?

「生保レディ?」「家計を仕分ける人?」
どちらも正解です!
ファイナンシャルプランナー(FP)は、顧客の収入や資産、負債といったデータを 集めて現状を分析し、顧客のライフプランを達成するためのお手伝いをする、いわば家計の仕分け人です。

ファイナンシャルプランナー(FP)の形態を大別

企業系ファイナンシャルプランナー(FP)

金融機関(銀行・保険会社・証券会社・不動産会社)などに勤務し、FPの技能を活かして、主に自社の商品を顧客に勧める仕事をします。

独立系ファイナンシャルプランナー(FP)

独立系の種類はさまざまです。
代表的なものとしては、ファイナンシャルプランニング会社や事務所⇒人生設計のトータル的なアドバイスをします。

・保険代理店⇒数社の保険を扱い、顧客に合った保険を選びます。
・金融商品仲介業者⇒投資信託などの販売を中心に行います。

その他にも、雑誌のコラムやテレビのコメンテーターでもファイナンシャルプランナー(FP)は活躍しています。
このように、ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は多様で、年金制度の破たんや終身雇用の崩壊、少子高齢化などの要因により、今後ますますファイナンシャルプランナー(FP)のニーズは増えていくでしょう。