基本情報

日本FP協会が認定するAFP資格を取りましょう!

日本FP協会が認定するAFP資格を取りましょう!

ここからは、ちょっと複雑なファイナンシャルプランナー(FP)の資格について説明しましょう。
資格は2種類あります。

国家資格 1~3級FP技能士

金融財政事情研究会が認定する機関。
3級FP技能士
⇒FPの入門編。受験資格はありません。
2級FP技能士
⇒FPの仕事をするなら2級以上は必要。受験資格は3級合格者、または金融機関の実務経験2年以上の者。
1級FP技能士
⇒2級合格者で実務経験1年以上の者、または実務経験5年以上の者。

民間資格 AFP資格・CFP資格

日本FP協会が認定する機関。

AFP資格

⇒AFP試験に合格すると、2級FP技能士とAFP資格の両方が同時に取得できます。
受験資格は日本FP協会認定の教育機関(大手の資格スクールや通信講座)が実施するAFP認定研修を受講・修了すること。

CFP資格

⇒AFP資格の上をいく国際ライセンス。受験資格はAFP取得者であること。

この2つの資格のうち、どちらを受検すればいいの?

いまの主流は断然民間資格 AFP資格・CFP資格です!
なぜなら、AFP資格の試験に合格すると、2級FP技能士とAFP資格の両方が同時に取得できます。AFP資格の上のCFP資格を取得するには、AFP資格がないと受検することはできません。

さらにCFP資格を取得すると、簡単な内容の実技試験に合格するだけで、1級FP技能士の資格が取得できるのです。
CFP資格や1級FP技能士を目指す人は、AFP資格を取得したおいた方が断然有利といえるでしょう。

さらに決定的な違いは、国家資格 1~3級FP技能士は、講座を受講しても、独学で勉強してもどちらでも受検することが可能です。
民間資格 AFP資格・CFP資格は、日本FP協会認定の教育機関(大手の資格スクールや通信講座)が実施するAFP認定研修を受講・修了する必要があります。

これを見ると、民間資格 AFP資格・CFP資格の方はお金がかかるし…
と思いがちですが、仕事未経験で2級FP技能士になるには、まず3級FP技能士から取得しなければならないので、2つの試験を受けなければなりません。

結果的にこちらの方が時間とお金がかかりますよね。
ちなみに、私もAFP資格を取得しました。なので、このサイトでもAFP資格をもとにしています。

おすすめ