試験

FP試験の受検料は?

金融財政事情研究会の行う試験も、日本FP協会が行う試験も、受検料は同額です。

  • 学科試験4,200円
  • 実技試験4,500円

金融財政事情研究会の実技試験は、個人資産相談業務、中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務と4種類ありますが、どれを選択しても同じ4,500円です。
ちなみに金融財政事情研究会の方の3級FP試験は、学科も実技も3,000円。

1級FP試験になると、学科試験の受検料が8,900円と高くなり、実技試験になると、25,000円もかかります。
これは、1級実技試験が面接試験であるからです。

それから、CFP試験はまた受験料が異なっており、1課目5,500円となっています。
ただし2課目以上受験する場合は割引制度があり、2課目目は4,400円です。

他の試験との比較

2級FP試験の受検料は、学科4,200円と実技4,500円。
合計すると8,700円。
他の国家試験と比較してみると・・・

  • 宅建試験の受験料が、7,000円
  • 行政書士試験の受験料が、7,000円
  • 社会保険労務士試験の受験料が、9,000円
  • 司法書士試験の受験料が、8,000円

資格試験の受験料の仕組みがどうなっているのかはわかりませんが、とにかく2級FP試験の受験料が飛びぬけて高いということはないようですね。

FP学科試験の試験会場は?

2級FP試験の試験は全国の会場で行われています。
具体的な試験会場は年によって違いますが、前年の試験会場を調べれば、おおまかなところがわかると思います。

東京都の場合は、18か所ほどの試験会場が用意されています。

都道府県によっては1~2か所である県もありますので、事前に調べておいた方がよいでしょう。

尚、試験会場は自分で選択することはできず、受験票に印刷されて通知されます。

おすすめ