基本情報

AFP認定研修について

AFP認定研修

ここでは、AFPの資格を取得するための条件の1つである、AFP認定研修について紹介していきます。
AFPの認定研修というと、何か大それたことをするのかと思いますが、実はそれほど難しいことをするわけではありません。
まず日本FP協会が認定する通信・通学校を受講します。次に2級FP技能士の試験科目である下記を勉強します。(68単位以上履修)

  1. FP基礎2.金融資産運用設計
  2. 不動産運用設計
  3. ライフプランニング・リタイアメントプランニング
  4. リスクと保険
  5. タックスプランニング
  6. 相続・事業承継設計と提案書の作成

以上がAFP認定研修の流れです。そして、2級FP技能士に合格して、日本FP協会に認定登録すれば、晴れてAFPの称号を得る事が出来ます。
どうでしょうか?それほど難しいことではないと思います。

通信講座の68単位以上履修は?

ただ、皆さん、「68単位以上履修」ということに疑問を持った方もいると思います。これが通学講座なら、講義を受講すれば良いだけですが、通信講座の場合はどうするのかと。
その答えは至ってシンプルで、ただ自宅で上記の科目の勉強をすれば良いだけです。それで、「68単位以上履修」したことになります。

また、提案書作成は、認定校なら作成方法を指導しくれるので、何も問題ありません。
さらに、日本FP協会の認定校なら、そこを受講するだけで、2級FP技能士検定の受験資格も貰えます。(通常なら3級に合格しなければ2級は受験出来ない)
つまり、日本FP協会の認定校を受講するということは、AFP認定研修費を払うようなもので、同時に2級FP技能士検定に合格する方法と受験資格が貰えるということです。

おすすめ